天橋立周辺ガイド│文珠地区

天橋立へ行こう!

トップページ > 天橋立周辺ガイド > 文珠地区

文殊地区

智恩寺(文殊堂)

智恩寺(文殊堂) 智恩寺(文殊堂) 智恩寺(文殊堂)

「三人寄れば文殊の知恵 」でおなじみ智恩寺は知恵を授ける菩薩として、学業成就を願う人々が全国各地から参詣に訪れます。
黄金閣を正面に宝形造りの銅板葺き屋根の御堂を文殊堂といい、これが天橋立智恩寺の本堂であり、ここに文殊菩薩をまつり、本尊としています。
堂内4本の柱は神代に創建されたものと伝えられています。 智恩寺は大同三年(808年)に平城天皇の勅願寺として建てられ、本堂内陣の「智恩寺」の寺号額は延喜四年(904年)に醍醐天皇から下賜されたものです。
内陣厨子には、本尊・文殊菩薩騎像、両側に善財童子・優でん王立像がまつられており、鎌倉時代後期の作で、国の重要文化財に指定されています。

多宝塔

多宝塔

多宝塔は室町時代中期の明応九年(1500年)、府中城主延永修理進が自分の病気全快を感謝し、一の宮の別当大聖院の智海に託して建立寄進したもので、国指定の重要文化財となっています。
その他、境内には和泉式部の歌塚やマリア灯籠などがあります。

廻旋橋

廻旋橋

長さ約36mの廻旋橋は遊覧船や鉱石運搬船が通過する際に橋の中央が旋回し、船が通行出来るようになっています。
廻旋橋の下の水路は文珠水道(天橋立運河)と呼ばれ阿蘇海と宮津湾を結んでいます。

知恵の輪灯籠

知恵の輪灯籠

観光船のりばのそばにある知恵の輪灯篭は三回くぐると頭が良くなると言われています。昔は船の安全のための航海灯として使われていたそうです。

磯清水

磯清水

この磯清水は海に囲まれた天橋立の中にありながら、塩分を含んでいないことから古来より不思議な名水として知られています。現在は「名水百選」の一つに選ばれています。

橋立明神

橋立明神

かつては皇大神を祀り、元伊勢を移したとも云われる橋立明神。 すぐそばには、磯清水があります。

岩見重太郎試し切りの岩

岩見重太郎試し切りの岩

ななめに割れた石塔は、見事親の仇を討ったと云われている岩見重太郎が試し切りをしたとものと伝えられています。

観光船・モーターボートのりば

観光船・モーターボートのりば

智恩寺のすぐそばには観光船のりば(天橋立桟橋)があります。府中方面(傘松公園、成相寺、籠神社など)や、宮津市内へ行かれる場合は、ここから観光船、モーターボート、レンタサイクルなどが利用できます。

天橋立海水浴場

天橋立海水浴場

天橋立運河

天橋立運運河